SERVICE事業紹介

TOP > 事業紹介 > 埋設管路・金属管・ケーブル管路調査

埋設管路・金属管・ケーブル管路調査

埋設ケーブルや管の位置や状況を
検知確認します
工場や農地、敷地内等に埋設されている金属管やケーブル、埋設管路に不具合が生じ、改修工事や修繕工事が必要となった場合には、管路の位置特定が必要になります。
高機能コンパクト機器と内視鏡ビデオ検査システムカメラで検知!
管の検知が必要な時は、当社の強みとなる技術、発信機を内蔵させた高機能コンパクト探知器を内視鏡ビデオカメラと同時に管内に通すことで、地上にいながら埋設管の位置、方向、深度まで瞬時に探知可能となり、確実に特定が行えます。さらに、埋設ガス探知の鋼管はもちろんロケ―ティングワイヤーの探知も可能です。 特に埋設水道管探知では環境保全の観点から、鉛管探知が好評を得ています。

探知器の性能及び特徴

  • 最大探知深度5m
  • 深度3mまではピンポイントで測定可能(※埋設状況によって異なります。)
  • 埋設管の情報(位置・方向・深度)を瞬時にデジタル表示
    表示される探知情報により、配管の込み合った場所でも信号変化を識別し目標を特定できます。
  • 探知音での案内
    騒音のある作業環境でも、クリアな探知音で的確にナビゲーション可能です。
    さらに出力調節機能付発信器を組み合わせる事により高精度の探査ができます。
    発信専用器では埋設されている金属管の種類や深度により最も適切な発信周波数をセレクトできます。
    クリップ接続できない配管には誘導シグナルランプで信号を配管に誘導します。

お見積りだけでもOK!! お気軽にご相談連絡下さい

0776-35-5555

pagetop