SERVICE事業紹介

TOP > 事業紹介 > 地下熱利用システム

地下熱利用システム

古い井戸・使われていない井戸の有効利用法として注目されています。

地中熱は、いつでもどこでも安定して利用できる自然エネルギーです。
外の気温は、夏と冬で全く異なりますが、井戸水(地下水)の温度は変わりません。
地中の温度が年中ほぼ一定なので、井戸水(地下水)は夏は冷たく、冬は暖かく感じます。
このような特性をもつ地中の熱を有効的に利用するのが、地下熱利用システムです。

クリーンなエネルギー
地下熱は化石燃料を直接利用しないため、空調利用時等のCO2の排出量を減らせます。
また、熱資源のリサイクル活用が可能なほか、冷房時に外部に排熱をしないので、ヒートアイランド現象の緩和に貢献できます。
自然の安定したエネルギーを利用しているため、環境に優しいのが特徴です。
場所を問わず安定して利用できる
地下熱は、どんな場所でも季節を問わず安定して使える熱源です。
クリーンなエネルギー
ランニングコストが安価
地下熱は安定した熱源で、ヒートポンプへの負荷が少ないため、消費電力の低減につながります。
耐用年数が長く、ライフサイクルの面で有利であることが安価なランニングコストの一因となっています。

地下熱利用の方程式

地中熱源方程式
新設の熱交換井内を、水・ブラインを媒体として地中の熱を利用する方式です。
熱交換井の構造はUチューブや二重構造があります。
地下水利用方式
汲み上げた地下水を、直接ヒートポンプの熱源として利用する方式で、現在使用している井戸水の熱のみを利用することも可能です。汲み上げられた水は、還元井あるいは単一井戸内に還元部を設けて地下へ戻すこともできます。
地中熱源方程式
温泉として使用された後の湯(排湯)の熱を利用する方式です。
暖房、給湯を主な対象としています。

地下熱利用冷暖房・給湯システム

ヒートポンプチラーによる冷暖房・給湯システム

ヒートポンプチラーによる冷暖房・給湯システム

ヒートポンプチラーによる冷暖房・給湯システム

ヒートポンプチラーによる冷暖房・給湯システム

お見積りだけでもOK!! お気軽にご相談連絡下さい

0776-35-5555

pagetop